会社設立時の資金

相談会社設立の際に決めなくてはいけないのが、資本金です。一定以上の資本金を用意できないと、会社としての信用を保つことができないという考えもありましたが、最近ではルールが変わって1円からでも会社の設立をすることが可能となっていますので、資本金の事で頭を悩ませなくてもよくなっています。資本金の額は変更することも可能ですので、だんだんを増やして行くこともできます。

また、あまりにも高額の資本金を設定してしまうと、会社の設立後の税金に違いが出てきますので、その点も留意しておくことが必要です。資本金の設定についてまよったら、会社設立の専門家に相談してみるのもお勧めです。いずれにせよ無理のない設定をすることが大事です。

会社設立に際しては、最初のうちは無理のない資金運用を考え、少し経営に余裕が出てきたら、その規模を拡大するというスタイルに持っていくことがお勧めです。予算規模を大きくして手広くやりたいという考えを持っている方は、最初の間はできるだけ堅実かつ冷静に会社の経営のプランニングを行っていくことが必要です。迷ったら、自分だけで判断せずに会社設立や運営のプロに相談をして、意見を求めるようにしてもいいでしょう。


関連記事